暗記力アップする方法

たくさんある記憶術の種類

ひと言で「記憶術」と言っても、たくさんの種類があります。ユダヤ式記憶術やDSでお馴染みの川村明宏が監修しているジニアス記憶術も有名ですね。沢山ある記憶術の種類の中から、いくつかご紹介したいと思います。主に英語圏での国の方が使われている「数字子音置換え法」は、0〜9までを決まった子音に変換して覚える方法。「数字仮名置換え法」は仮名を使って数字の1〜0をあ行から順番に置き換えて行く方法です。記憶術の種類の中には、覚えやすいように語呂合わせのように工夫された方法もあります。「場所法」がその一つです。記憶したものをある特定の場所、または架空の場所に合わせて覚える方法です。藤本式記憶術も人気がありますね。歴史の年号の暗記に便利なのは、やはり歴史の記憶術でしょうか。暗記はコツコツと努力を続けましょう。

 

物語を利用して行う記憶術の種類もあります。「物語法」のやり方は、地名や記憶したい物を時系列に沿って埋めて行くという方歩です。他にも記憶術の種類には、言葉の頭文字を抽出していく「頭文字法」、ラップのように韻を踏んでいる言葉を使うのも記憶術の種類の一つです。この他にも沢山の記憶術の種類があり、現在も新しい方法が研究開発されています。DVDで学ぶ形式の武田式記憶術もそこそこの人気です。新しくでたのは、原口あきらが監修した原口式記憶術といいます。どの記憶術を選ぶかは、あなた次第ですね。選択は自由なのです。他にも、イメージ記憶術という手法もあります。

 

数ある記憶術のなかで、地味に売れているのは大学受験予備校である武田塾が公開している武田式記憶術です。予備校が教えている記憶術というだけあって、大学受験の暗記科目攻略に適しています。日本史や世界史の暗記、英単語の暗記などです。もちろん、応用は効きますので、全科目に使えると言っても過言ではないかもしれません。武田式記憶術は身に着けてしまえば、一生をとおして使える技術になります。こうした記憶術を高校の授業でも教えてくれればいいのですが、なかなかそうもいきません。